CREAZIONE | 人情味溢れる街と人
275
post-template-default,single,single-post,postid-275,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1400,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

人情味溢れる街と人

6時20分発の便で北九州空港に向かった月曜日。小倉織に魅せられて、この街に通いはじめ早いもので9年の年月が。この織物の経糸が創り出す縞のリズム、色のハーモニーは、懐かしさや優しさを想起させると同時に、斬新さや力強さを感じさせてくれる懐深く粋なもの。このような一種独特なテキスタイル、そして小倉縞縞のようなブランドが生まれる背景には、この小倉の街、小倉の人のパッションが強く絡んでいるんだろうなと改めて感じた1月第3週の月曜日!