CREAZIONE | 直感力も
343
post-template-default,single,single-post,postid-343,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1400,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

直感力も

“マネージメントはアート(直感的な能力)の部分もあります。そしてクラフトの部分もあればサイエンスの部分もあります。アメリカ的経営はサイエンスへの比重が大きすぎます”とヘンリー・ミンツバーグが語っていますが、その通りだなぁと感じています。会社員時代も、2006年に独立し、コンサルティングオフィスを立上げマーケティングのコンサルティングを初めてからも、ロジック、ロジック、定量、定量、数値、数値、どう数字で表現するかというところを強く意識し、そこに偏りつつある自分がいました。

 

ですが、ある時、ある方々と出会い、あるプロジェクトに参加してから徐々に、そして、デミング博士の”測定できないものは管理できない、と考えるのは誤りである。これは代償の大きい誤解だ”という言葉を知ってから、論理的に組立て定量的に評価することはもちろん大切だけれど、ビジネスに於いても、それが全てではないということに気づき。

 

直感や理屈抜きの想いみたいなものが同じように大事だと思うし、その直感力みたいなものをどうやって高めていけるのかということも意識するようになってきたんですよね。

 

その頃から、美術館にも頻繁に足を運ぶようになり、モノゴトを企画するに当たり、有用性のみならず、メッセージ性より強く考えるようになってきたかなと。

 

鉄板の上のネギ焼きをつまみ、ビールを飲みながらブログを投稿する広島の夜!

 

写真は、本日訪問した廿日市にある熱き経営者が営む木工ブランドさんにて撮影