CREAZIONE | Nobuaki Kusano
2
archive,author,author-nobuaki-kusano,author-2,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1400,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

「アイデアと移動距離は比例する」という高城剛氏の帰り言葉を知った時に、"まさしくその通りだ"と強く納得したことを今回の出張中に思い出した。   移動距離が長くなればなるほど、固定観念に捉われ難くなり、心が開かれていくため、自ずと体感したものを素直に受け入れ易くなるのではないだろうか。新しいモノゴトを受け入れていくうちに、幼少期と同じように、もっともっと量を求めていくようになり、同時にその量をしっかり消化しよう、自分の腹に落とそうという意欲が、いつも以上に増していくため、頭がフル回転し、考える質も高まっていきアイデアが湧き上がってくる。   ラザフォードというニュージャージー州の街にホームステイした21歳の夏。予定より一日前に、なんの連絡もせずにホストファミリーの家を訪れたため、部屋もなく泊めてもらえず、初めてのアメリカの地の夜を、モーテルであかした。それから約ひと月半のアメリカ生活は、見るもの行うことが全て新鮮で、とにかく貪欲に吸収した。学校が終わったらバスに乗ってマンハッタンに繰り出し、マンハッタンの街を歩き、ニューヨークの文化を、ニューヨークの発するエネルギーをその時の自分にとっては十分過ぎるくらい体感した夏だった。   この夏に、それまでの人生とは比較にならないくらい数多くのアイデアが頭に浮かんだ。何事に於いてもエンターテイメント性は重要であるということも、この街が気づかせてくれて、色々なアイデアが思いつき、帰国後の生活に役立った気がする。いろんなイベントを仲間と共に企画し、愉しんでいたバブル期。インターナショナルな仕事をしたいと思い始めたのもこの頃だったかな。10日間の国内出張から東京に戻るのぞみの車内にて。  ...

連想という言葉を目にすると、たまに子供の頃に行っていた連想ゲームを想起する。紙に書かれているお題から連想出来る言葉を伝え、回答者がお題を当てるという比較的シンプルなゲームである。小学校中高学年の頃に、結構楽しんでいたような気がする。   お題、つまり答えから連想出来る言葉を相手に伝え、相手を其処に導くためには、やはり、相手のことを知っていた方が有利である。よく知らない場合には、相手のレベルについて、仮設を立て修正をかけながら進めていった方が勝ちに繋がりやすい。自分が伝える言葉から、相手が連想出来る否かを想定し、出来るであろうという言葉を伝えなくては、なかなか答えに辿りつかない。   ブランド連想も同じことが言えると思う。自分たちの顧客や顧客にしたい方々が、如何に連想し、答え、即ち"自分たちのブランド"に辿りつくのかを、しっかりと考える必要がある。自分たちが考える価値観や属性、顧客に与えるベネフィットなどから、もし顧客が自分たちのブランドを連想出来ないのであれば出来るように工夫する必要がある。   自分たちをあるべき姿までもっていくために、まだブランドを連想出来ない事柄については、その詳細を明確にした上で、手を打っていかなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。ブランドのビジョンに向かって前進するために、自分たちが掲げたものから自分たちを連想することを可能にしていかなければならない。  ...

自ら発する言葉が人の心に響く、人の心を動かす、人の腹に落ちる場合とそうでない場合がある。自分の中で本質を捉えきれていないことを言葉にした時には、当たり前だけれども、相手に届き難い。   内田樹の"街場の文体論"に「届く言葉には発信者の届かせたいという切迫がある。できるだけ多くの人にできるだけ正確に自分が言いたいことを伝えたい。その必死さが言葉を駆動する。思いがけない射程まで言葉を届かせる。」とあるが、まさしくその通りである。本質を捉え、確信し、納得し、共鳴し、そのことを自らの強い意志で伝えたいという時に人は必死になり、真剣になり、その時のその言動が人の懐深くに飛び込んでいくのではないか。   所作とは、振る舞いや身のこなしに加えて、仏語で身・口・意の三業が発動することと辞書に書かれている。所作は、心の奥深くに染み込んでいる生き方を表現するものであり、体の言葉である。この所作も大きく人に作用する。   「目的を見つけよ。手段は後からついてくる」「強さとは身体能力ではなく、不屈の精神から生まれるものである。」など数多くの名言と功績を残し、世界中の人々に言葉を届けてきたガンジーは、所作でも人々を魅了したに違いない。   インドでの旅の途中 タジ・マハールよりデリーに向かう車中にて    ...

コミュニケーションは、伝達することであるから、伝えるべく内容を相手が理解に達して初めて成り立ったと言える。   そのため、己のことは、もちろんだけれども相手のことを詳しく知っていた方が円滑に進むことは間違いない。姿勢、流儀、知見、リズムやテンポというものを可能な限り把握しておいた方が良い。もし、初めての相手でそのようなことが掴め難い場合は、仮設を立ててからコミュニケーションを図り、相手が発する言葉や表情や仕草などを素直に受け入れながら仮設を修正し進めていくことも可能だと思う。   意志の自由、意味への意志、人生の意味。オーストリアの心理学者であるヴィクトール・フランクルのロゴセラピーにおける3点の基本仮設である。つまり、「人間は様々な条件、状況の中で自らの意志で態度を決める自由を持っている。人間は生きる意味を強く求める。それぞれの人間の人生には独自の意味が存在している。」と述べている。   コミュニケーションにおいても、相手の人生の意味、少し大袈裟に思えるかもしれないけれど、許される時間の範囲でそのことを考えてからコミュニケーションした方が相手の理解度は高まるかな。自分のことを真剣に考えてくれる相手が発する言葉は重みも厚みも深みも違いますよね。   川島蓉子さん著書の"エスプリ思考"の一節に齋藤峰明さんの「マーケティングとは、強いて言葉にするなら、作り手の意志と使い手の意志を交流させること」という言葉がありますが、コミュニケーションも同じではないでしょうか。   伝え手の意志と受け手の意志を交流させることで、決してone wayではなく、一つのコミュニケーションの中で伝え手、受け手が入れ替わり続けながら交流して理解に達するんでしょうね。   ガンジス川の日の出を眺め、ホテルで朝食を済ませてバラナシよりバドヒに向かう車内より。  ...

“独創性(オリジナリティ)とは起源(オリジン)に戻ること”というアントニオ・ガウディの言葉の通りだと思う。   オリジンは、固定観念に縛られることもなく、既成概念に捉われることもない原点的な頃。つまり、童心を持ち続け、何にも染まっていない純真無垢な時代。人によって、その時代は異なるのだけれども、それが、幼稚園、小学校年代までという人もいれば、現在進行形で最期まで続く人もいると思う。   先生に、綺麗に、キレイに、きれいにと言われ続け童心を忘れてしまうケースもある。お日様は赤く、空は青く、雲は白く描きなさいと言われその通りにしないと何故?と問われ、気がつけばそれが当たり前になってしまい童心が薄れてしまうケースもあると思う。自分の記憶を思い返してみる、小学校の図工の時間に顔をオレンジ色で塗った時に顔は肌色でしょと咎められ、中学の美術の時間に手首に目を描き手の上に地球を乗せたら、目な顔じゃない?手に地球は乗らないでしょ?と不思議がられ、そんなことが続くうちに童心を忘れてしまった頃がある。   独創性=童心とは言わないけれど、独創性≒童心のような気がする。独創性は、当たり前だけど真似るものでもないし、調査して生まれるものではない。そして、依頼されて創り出されるものでもない。自らの意志のもと生まれるものである。だから素の自分自身が心底欲する状態にあって初めて生まれるものではないのかな。   独創とは、“他人の真似をせず、自分一人の考えで作り出すこと” と辞書はある。もちろん考える必要はあるけれど、まずは自分の感覚、本能的な欲求や直感からスタートするのではないかなと思うインド、バラナシの土曜日。    ...

日常とは異なる地を訪れると、其処で目にする人も、環境も、ものごとも、何もかもが新しく見えるため、それらを見たいという意欲も増していき、視野も広がり、その分、気づきも多くなると思う。   それに伴って感度も高まっていくような気がする。好奇心や冒険心もいつも以上に湧き、それと比例するようにアイデアも湧いてくる。出張においても、プライベートの旅行でも、旅とはそういうものであり、活力を与えてくれるものである。   幾つになっても、旅は数多くのことを学ばせてくれる。だから、旅は人生において、成長していくためにも重要である。   実は、一昨日よりインドに来ている。すでにインドも5度目となるが、毎回新しい地を訪れ、新しい方々と出会い、新しいものごとを体感しているので、まだまだ自分にとって新鮮である。国土も広く、成長意欲も凄まじいので、此の地は、当分の間、自分を刺激してくれるであろう。   此処に来て、此の文化を肌で感じ、此の環境にいるからこそ生まれるアイデアも多々ある。此の素材を、技術を用いて、此処の方々と共に、こんな取り組みが、あんな取り組みが出来ると色々なアイデアが浮かんでくる。此の地の熱気を帯びた空気が、人々の勢いが後押ししてくれる。関係者と共に現場に入り、頭だけでなく手足を使いながら共に行動して考える。   スピード感あふれる展開とその醍醐味。みんなしっかり計算はしているけれども、目を輝かせながら、進める旅先でのプロジェクトは格別。やはり、旅は素晴らしい。  ...

ブランドの存在意義が定まっていれば、あるべき姿、立ち位置、役割も決まり、ブランドの世界を如何に創っていくべきなのか、いけるのか、いきたいのかもハッキリとしてくる。   その世界を、ブランドの考え方や見方、行動姿勢を可視化して、人の理性だけでなく、感性に対しても情緒的に訴えかけ、惹きつけるもの、繋がっていたいと感じさせるものが、ブランドの世界観だと思う。   簡潔にした方が世界観は伝わりやすいと思う。しかし、簡単には伝わり難い複雑化されたもの、混沌としたものであってももちろん良い。例えば混沌した中に秩序を見つけだすことを好むような層に対して訴えかけるブランドであれば。   展示会や見本市、ショップやショールーム、ホームページやカタログなどの企画をする際に、この世界観を如何に飾らずに魅せ、人を惹きつけることができるのかということに自分自身は注意をおいている。   どこまで簡潔に表現できるか、そのためには選択にも時間を要する。できる限り残すものを最小限に、捨てるものを最大限にということに意識を払いながら進めていく。根幹、軸、そのブランドの核となる本質が埋まって隠れたり、混ざって薄まって見えたりしないように。    ...

人生と同様、事業においても選択の連続であると思う。(ビジネス、事業も人生の一部と考えているが・・・。)問題の大きさにもよるが、選択のする際は、誰でも多かれ少なかれ迷いが生じるものである。   ブランドのミッション、つまり存在意義というものを明確にすると、迷いの振れ幅が狭まり、日々起こる選択においての選択精度が高まっていくのではないだろうか。   自分自身も会社のミッションを“人の心に豊かさをもたらす、素を大切にした環境にやさしいカンキョウやデキゴト、ヒトを同じ価値観を抱いているクライアントと共に創り上げ、育てていきたいと”掲げてから、あるべき姿、やるべきことが、よりクリアになり、選択の際にも迷い難く、ブレ難くなってきている。   それは、どのブランドにとっても、誰にとっても同じことではないのかな。ミッションを明確にすると、誤った選択や異なった選択をしたという意識なく、例え選択していたとしても、何らかの違和感が生じてくるものだと思う。そのため、誤っている、異なっていることに徐々に気づき、進むべき方向に向かう道に戻ってくることができる。   諸事情により、意識して異なる選択をした場合でも、それは本来とるべき選択ではないと自覚しているわけだから、当たり前のことだが正しい道に戻りやすい。   また、ミッションステートメントがブランドのメンバーたちのベクトルをそろえ、企画から製造、販売までの活動に、一貫性、整合性、連動性を高め、ブランドをより強く、深く、輝くものにする。   そうだと信じ、日々、関わるブランドのミッション達成に向けて、ブランド価値の向上を図りながら、ブランディングのコンサルティング活動を行なっています。    ...

混沌と秩序、理性と感性、論理と直感、川上と川下、クラシックとコンテンポラリー、デコラティブとシンプル、最小と最大、足し算と引き算・・・、一見対立軸にあると思われる、これらを同時に捉えながらアイデンティティと照らし合わせ、適したバランスを見出し、ブランドのポジションを明確にしていく。   “バランスよく”というのは、決して足して2で割るとか、最大公約数とか、均等化を図るというものではない。中心に据えればバランスがよいというものでもない。要領が良いのとも違う。バランスの良いブランドは過去に沢山の失敗もしている。   バランスというものは、挑戦し、自ら考え行動するという行為を繰り返すことで養われていく。挑戦し続けるので、その分失敗も多い。しかし、挑戦するということは、新しいフィールドに飛び込むことであり、視点を変える機会に恵まれるため、視野も広がり、その分、固定観念に捉われ難くなり気づきも多くなる。だから、本質を見極めることができ、やがて”バランスよく”なるのかと。   “手考足思”という河原井寛二郎さんの言葉のように、手足を使って思い考える、つまり、現場に足を運んで、手足を使いながら考え行動することも、バランス感覚を高めていくために必要。そうしているうちに、主体を離れて、モノゴトを客観的に、俯瞰的に観えるようになってくるから、バランス感覚も高まっていくのでしょうね。   写真は、ロダンの“歩く人” 大原美術館にて    ...

“ザリガニの水槽掃除”をテーマにした作文を、 “あすなろ”という学級新聞に載せるために書いた小学校3年生の時に、初めて書くことの愉しさを知ったのです。擬音語、擬態語をふんだんに使い、どうやって読む人を笑わせるか、楽しませるかということ第一に考え、そのためには、書き手である自分自身がまず愉しまなければと思って書いてました。知性を感じさせるような文章ではなかったけど、クラスの皆なの前で発表する機会にも恵まれ、男の子たちにはゲラゲラ、女の子たちにはクスクス、とにかく多くの子たちにたくさん笑ってもらったことを良き思い出として記憶しています。   ただ、もともと書くという行為がそれほど得意ではなく、あまり好きでもなく、面倒だと思っていたので、宿題や卒業文集、小論文など、mustでない限り、あまり書きませんでしたね。   それから、20年以上の月日が経ち、WORLDが立ち上げた“finerefine”というライフスタイルブランドで、バイヤーとして、カタログやPOPなどのコピー、テキストを作成するようになり、文章をつくることの愉しさに改めて気づき。   立案した品揃え計画に基づいて、デザイナーの方々や製造の方々と共に開発したコレクションの開発の想いを含めたストリーを伝えたくて、読み手を意識しながら書いた。そうしているうちに、文章づくりにおいても、ブランドづくりやものづくり、空間(売場)づくりと同じように捉えることができるようになり積極的に取組むように意識も変わっていったんです。   それ以降、参加しているプロジェクトにおけるテキストについては、その道のプロフェッショナルな方々のお力を借りながらも、できる限り自ら考え、参加メンバーの皆さんと協力しながらつくるようにしています。   文章にして表現するという行為に豊かさを感じながら。    ...