CREAZIONE | 空間性を捉えて
296
post-template-default,single,single-post,postid-296,single-format-standard,qode-listing-1.0.1,qode-social-login-1.0,qode-news-1.0,qode-quick-links-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1400,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,bridge-child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

空間性を捉えて

パリMAISON &OBJETの3日目を終えて。やはり訪れるバイヤーを惹きつけているブランドは、一つ一つのアイテムが細部までしっかりと作り込まれていることやコレクション全体のバランスが調っていることは勿論だけども、ブース空間の調和が図られていることがとても重要ですね。空間性を捉えているブランドは、美意識をもった方々に対して世界観を直感で察せているのではないでしょうか。空間の量感(広がり)、質感、テーマ性、エレメントとしてのコレクションのバランス、これらが美しく重なり合うことによって、ブランドアイデンティティが正しく伝わる空間が創り出される気がします。